在宅で稼ぐ方法

在宅ワークやWeb会議におすすめの「Webカメラ」と使い方

Webカメラ

在宅ワークやZoomなどのWeb会議、Skype、ゲーム実況やYouTuberになる為に必須のツール「Webカメラ」。種類やタイプは色々とあるので、おすすめのWebカメラを紹介と共に使い方も紹介します。

USBでの外付けやワイヤレスでWi-Fi接続タイプなど用途にあった物を選びましょう。

「Webカメラ」と使い方

自宅で使っているWebカメラ

大抵は繋げばOK

私が自宅で実際に使っているWebカメラは、上記の画像のバッファローの物です。これは外付けのUSB接続タイプで、差し込めば大抵は認識され直ぐにカメラに映る様になります。

マイクも付いているタイプなので、喋ったら音声も認識されます。(後述しますが、私はこのマイクは使っていません)

繋いでも認識されない場合

カメラ設定の場所

基本は設定でONになっていれば、内臓なら恒常的に、外付けやWi-Fiなら繋げばカメラは映る様になっています。上記は参考までにWindowsのアプリの場所です。初期状態のままならプリインストールされているので、なければWindows Stoerからダウンロードして下さい。

カメラのアクセスをONにする

外付けでも内蔵でも以下の設定を見て、OFFになっていたらONにする事で認識されます。

windows:「スタート」→「設定」→「プライバシー」→「カメラ」で、「このデバイスのカメラへのアクセスを許可する」「アプリがカメラにアクセスできるようにする」「デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする」などがONにする。

Mac:「アップルメニュー」→「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「プライバシー」→「カメラ」でアプリケーションの横のチェックをすればONになります。

ウイルス対策ソフトの設定

ウイルス対策ソフトの設定で、カメラへのアクセスや外付けのWebカメラへのアクセスをブロックしている可能性があるのでチェックし、ブロックしている場合は許可にしましょう。

Webカメラドライバーが古い

Webカメラドライバーが古い場合は正常に動作しません。ドライバーに問題がありそうなら、更新や再インストールしてみると正常に動く様になる事があります。

もしくは製品によってはドライバーを元に戻すと言う項目がある場合があるので、ドライバーをロールバックして下さい。

Webカメラは使わない時はOFFにしておくべき

ハッカー

Webカメラは使わない時はOFFにしておいたり、外付けなら線を切り離す、Wi-Fiなら接続を切っておくべきです。

ハッカーに狙われたら、常にWebカメラを通してプライベートの姿を見られる事になるし、パソコンの電源を切り忘れたままだと、例えばWeb会議を行っている仕事仲間達に、家でのプライベートの姿をずっと見られてしまう事にもなります。

たまに、アイドルが生配信やった後にWebカメラを切り忘れて事故なんてありますが、ああいう事になりかねないので、使わない時は切りましょう。

内臓タイプだと忘れる事も多いと思うので、以下の様に物理的に閉じてしまうのも良いと思います。同時にマイクもONになっていると、プライベートの会話が駄々洩れになってしまうので注意が必要です。

ノートパソコンのWebカメラ

Webカメラの解像度はどの程度必要か?

Webカメラの解像度

何をする為にWebカメラが必要なのかを考えて、どの程度のスペックが必要なのかを考えましょう。

4kカメラ、1080p 60fpsのカメラなどの高解像度は、専門のYouTuberにでもなるなら良いと思いますが、高価なカメラになるので、単にテレビ電話をしたいとか、Web会議の為に表情が分かる程度のカメラが欲しいなら、もっと低スペックで良いです。

実際におすすめのWebカメラ内で例を挙げたいと思います。

Webカメラとマイクは別にした方が良い

マイク

Webカメラの多くはマイクが内蔵になっているので、1つで済むのは便利ですが、幅広く音声を拾ってしまうので、生活音や、子供の声などもめちゃくちゃ入ってしまう可能性が高いです。ですので、私はマイクは別にした方が良いと思います。

ここでヘッドフォンと一体型のヘッドセットを最初は使いましたが、あれって常に口元にマイクがあるので、息の音や口のクチャっと言う音まで拾ってしまい、これもイマイチでした。あと、ヘッドフォンをずっと付けていると痛くなるので、これもNGの理由の1つです。

結局、1つでまとめようとしたらバランス良くならないので、カメラはカメラだけ、スピーカーは痛くならないカナル型のイヤホン、マイクは別途用意しました。

実際に使っているマイク

勝ったのはSONY製のマイクで「ECM-PCV80U」です。買った時は2500円程度でしたが、需要が高まっている今は高くなっているかも。

このマイクでも喋る時には、息の音がフーフー入ってしまうので、「マイクカバー(マイクスポンジ)」を使った方が良いです。買う際は自分のマイクのサイズに合った物にしましょう。

マイクは買ったけど、カバーは忘れたって人は、一先ずティッシュを何重かに巻いてゴムで止めておきましょう。

マイクに息の音が入るのを防ぐ

こんな感じでも、ある程度は防げるので応急処置には使えます。

おすすめの「Webカメラ」

安いとして紹介している物は通常は1000円程度~数千円程度で販売されていますが、リモートワークの激増、Web会議の激増時期は、品薄で1万円程度に値上がりしている事もあります。

バッファローWebカメラ

バッファローWebカメラ

上記が私が使っているタイプで、めちゃ安いです。バッファロー公式ページでは2,660円(税抜)となっていますが、amazonでは1000円ちょいで買えました。型番は「BSWHD06M」ですが、もう白しか残っていないみたいです。

Webカメラの映り具合

このカメラで映った場合の見え方ですが、こんな感じです。お風呂上りでやる気のない顔でダラダラ記事を書いており、お見苦しいので顔は伏せます。

1000円くらいのWebカメラでも十分に映るし、Web会議用くらいなら表情は分かるし、高画質じゃなくても問題ありません。マイクも付いてるし、カメラ部分を絞る事でズームしたりもできます。

参考までに、スペックは「有効画素数120万画素」「最大解像度1280×960ピクセル」です。1人が映るためなら広角レンズじゃなくても問題ありません。

いやいや、バッファロー製でもっと良い物を使いたいと言う人は「BSW500M」だと良いと思います。

ロジクールWebカメラ

ロジクールWebカメラ

バッファローと共に、PC周辺機器では有名なロジクールも、Webカメラは幾つか種類を出していて人気です。

安い物だと「c270」ですが、私が使っているバッファローの物と同じで、これで十分だと言う人が多いと思います。

高性能な物が良いなら「B525」「C925e」「C930e」などは良いと思います。

エレコムWebカメラ


バッファローと同様に日本のメーカーです。

ここのも安い「UCAM-C310FBBK」で機能としては十分だと思います。エレコムで高品質のWebカメラが欲しいなら、800万画素「UCAM-C980FBBK」、500万画素「UCAM-C750FBBK」などがあります。

GoPro Webカメラ


YouTuberに人気のウェアラブルカメラでWebカメラとしても利用可能です。

腕や肩、頭などに取り付けて移動しながら撮影したり、自転車やカヌーなどに付けて撮影するなど、どんなシーンでも楽に動画撮影が可能です。

Web会議やテレビ電話にだけではなく、動画撮影を色々と楽しみたいと言う人はこれがおすすめです。

eMeet Webカメラ


1人ではなく複数で映ったり話したりするのなら、80°の広角レンズに360°集音の「eMeet C980」は良いと思います。クリアな動画でかなり鮮明に映るので、他のWebカメラじゃちょっと暗い印象だと不満を持っている人にも良いと思います。

PAPALOOK Webカメラ


右へ左へ、前へ後ろへと動く事が多いなら「AF925」がおすすめ。固定したまま360度回転可能だし、オートフォーカス機能が備わっているので、ピントはオートで合わせてくれます。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
20代後半からウェブ関係のお仕事で独立し、現在は15年近く、フリーで仕事をしています。もう雇われには戻れない、縛られず生きる事が大好き人間です。