在宅で稼ぐ方法

Web会議やオンライン飲み会が終わった後にカメラを切り忘れ事故が多発中

Web会議やオンライン飲み会

在宅ワークやリモートワークの人が増えて、Web会議やオンライン飲み会を行い始めた人は多いと思います。その際、普段は使っていなかったWebカメラを使い始めた事から、会議が終わった後カメラを切り忘れ事故が起こったと言う話が多発中なので注意が必要です。

今回は、そんなエピソードと予防法をまとめてみました。

Webカメラを切り忘れ事故が多発中

Web会議やオンライン飲み会、オンライン授業が終わったから「終わり」と思っていても、カメラの接続がONになっているなら、カメラには映ったままになるので、プライベートな姿を他人に曝け出す事になります。その為に、皆さん物理的に対策を行っています。

Webカメラ切り忘れ事故の予防法

こんな感じで物理的にカメラのレンズを塞ぎ映らない様にすると良いです。これだと1つ1つチェックせず、取り合えず使わない時は塞ぐと言う癖を付ければ、映像が駄々洩れになる事はありませんから。

ノートパソコンのWebカメラ

私もノートパソコンはカメラが一体化しているので、こんな感じで物理的に塞いでいます。セキュリティに問題があると、カメラなんて軽く覗かれてしまうので、これが1番です。

ただ、注意点としては、あくまでカメラに映らないだけで、マイクはONになっているままの可能性も高いです。一体型だと特にONになったままの可能性が高いでしょう。

だから映像は見えなくても、音声は駄々洩れと言う事もあります。

そう言う事からも、私はデスクトップではカメラ、マイク、スピーカーは全て外付けで、必要ない時は取り外します。これで自分のプライベートは守れるし、消し忘れた人のプライベートが勝手に流れてくるのを除いてしまう事もありません。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
20代後半からウェブ関係のお仕事で独立し、現在は15年近く、フリーで仕事をしています。もう雇われには戻れない、縛られず生きる事が大好き人間です。