新型コロナウイルス情報

緊急事態宣言の発令により既に買い占めが始まっている模様…サプライチェーンは生きており冷静になるべき

買い占め、品薄

安倍晋三首相は6日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、7日にも緊急事態宣言を発令すると表明。

首相は買い占め軽快し「冷静な対応お願い」するも既に買い占めが始まっている模様。ただ、サプライチェーンは生きており品薄の商品があっても一時的なので冷静になるべき。


この様に経済産業省も要請を行っており、実際に在庫はしっかり確保されているので、安心して読み進めて下さい。

緊急事態宣言の発令により既に買い占めが始まっている模様

新型コロナウイルスの影響やデマの影響によって、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、キッチンペーパー、生理用品、オムツ、パスタやパスタソース、缶詰、納豆、ハンドソープ、除菌クリーナー等が買い占め等で品薄になったが、一部は解消し始めていた。

しかし、本日6日に緊急事態宣言を発令すると表明した事により、既に買い占めに走った人が多くいる様で、その様子がツイッターにアップされている。

こんな感じで一部地域では、またも買い占め騒動が起きている様ですが、スーパー側にはタップリと在庫があるそうなので、過剰な買い占めは必要ありません。

サプライチェーン(製品の原材料・部品の調達から、製造、在庫管理、配送、販売)まで全て生きているので、消費者が必要な分だけの商品を提供するのには何の問題もありません。

必要な分を備蓄するのと、買い占めるのは、全く違う行為です。ですので、家に備蓄が無いと言う人だけは、ちょっと多目に買えば良いと思いますが、それ以外は備蓄の目安量があれば、それ以上は必要ありませんし、他の人の迷惑になるので止めましょう。

下記の備蓄の記事で書きましたが、備蓄量の目安は災害時で3日間~2週間、感染症で2週間~2か月です。

どんなに酷い状態を想定しても最大でも2か月分で良いので、例えばトイレットペーパーでも1人あたり1ロール4~5日持ちます。1ヶ月分で6~7個くらいで良いので、2か月分で12~14個あれば十分です。必要な量だけを買えば、それだけ色々な人に行き渡る可能性が高くなり、自分が必要になった時も買える状態が続くので、その辺りを気を付けて買う様にしましょう。

一覧
備蓄におすすめの食料品、飲料、生活用品リスト一覧と必要量や期間災害時や感染症によるパンデミックなどによって、自宅待機、外出自粛が続く事があります。そういう時の為に覚えておきたい、備蓄におすすめの食料品、飲料、生活用品をリストにし一覧で紹介します。また、それらの時期の必要量や期間も併せて紹介します。...
ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
20代後半からウェブ関係のお仕事で独立し、現在は15年近く、フリーで仕事をしています。もう雇われには戻れない、縛られず生きる事が大好き人間です。