在宅で稼ぐ方法

在宅ワークで活用したいGoogleの便利な無料サービス一覧

Googleの無料サービス

在宅ワークを始めようと思った時、パソコンとネットがあるだけでは何かと不便なので、Googleの便利な無料サービスを利用しましょう。

これからリモートワークに切り替えたい企業などで、初期投資が行えない場合にも参考になると思うので、一覧で紹介します。

在宅ワークで活用したいGoogleの便利な無料サービス

先ずは、在宅ワークやリモートワークに使える、無料サービスを一覧で簡易的に紹介します。詳細は更に下部で説明するので、気になったサービスがあったらそちらをご覧下さい。

無料サービス一覧

Gmail 定番のフリーメールサービスで他のサービスも集約されている。
Google Meet Web会議システム。
Googleカレンダー スケジュール管理、複数で共有し日報、進展管理に使える。
Todoリスト タスク管理機能、業務管理が可能に。
Google Duo Android、iOSデバイス、Google Chrome向けのでビデオ通話と音声通話サービス。
Googleドキュメント ワード、エクセルなどオフィスソフトと同様の機能が使える。
Googleドライブ 無料で15GBまで使えるオンラインストレージ。

高額な優良サービスを使えば、非常に効率よく便利に在宅ワークを行える環境が作れますが、Googleの無料サービスを組み合わせて使うだけでも、かなりそれに近づいた環境を作る事は可能です。

Gmailは機能が集約されているので、説明は後に行いたいと思います。

Google Meet

Google Meet

Google Meet」は、無料で利用可能なWeb会議システムです。様々なシステムやデバイスは必要なく、ネット環境とブラウザさえあれば参加できます。Gmailからも簡単に開始可能になりました。

Google Meet使い方

会議を開始をクリックすると、専用の画面が立ち上がり会議を開始するをクリックすると上記の画像の様にリンクが出てきます。これを会議参加者に教えてあげるか、ユーザー追加で共有したい人のアカウントを追加するだけで、複数人でWeb会議を行える非常に簡単なサービスです。

250人まで同時接続可能なので、大規模会議や大人数のオンライン授業なども可能です。

Googleのビジネス用の有料サービス「G Suite」(月額680円)で課金すれば、高額なWeb会議システムと同等の物が利用可能。

無料のGoogleアカウントではビデオストリーミング、録画機能は利用不可、60分までの利用制限があるものの、他の機能は使えるので、通常はこれで十分の人は多いと思います。

アプリ版もあるので、スマホがあるならPCや自宅に固定回線を引いていない人でも、Web会議に参加可能です。

以前はハングアウトと言う名前でサービスが行われていましたが、今後Web会議機能はこちらへと言う事になっています。

Googleカレンダー

Googleカレンダー

Googleカレンダー」は単にスケジュール管理するだけではなく、複数で共有し日報や進展管理に使えるので、社内で共有するスケジュール管理も可能です。

在宅ワークで社内の上司や部下、チームの同僚とお互いのスケジュールを打ち込んでおく事で、お互いの仕事の進展具合が分かり易いし、Web会議などを開く際のスケジュール調整も楽になります。

例えば社印管理システムなどを利用していない場合、カレンダーに業務開始時間と終了時間をそれぞれが書き込む、自己申告制のタイムカードの打刻を行う事に加えて、その日の仕事の進展具合などを書き込む事で、日報の様にする事も可能です。

細かい報告は面倒だと言う場合は、会議時間として13時~16時の間で1時間、どこが都合が良いか提出してと言うだけの使い方も可能。ユーザーによって色を変えればパッと見でも分かり易くなります。

Todoリスト

Todoリスト

Gmailの機能の1つとして使えるToDoリストは、タスク管理サービスです。例えば「プロジェクト1」と言う仕事があった場合、それを1つのリストにします。

更に下部に左部タスクとして「プロジェクト1-1」「プロジェクト1-2」等と作っていきます。タスクの詳細と開始時間を設定したらOKです。

やるべき事を書き込んでおき、時間を設定しておけば、そこになれば通知が来る、終わったらクリックすればそのタスクは完了として消える。カレンダーと同期させる事が可能です。

在宅環境でも仕事を忘れる事がなく、きちんと管理できるので、在宅ワークになれていないなら使ってみると良いです。

Gmail

Gmail

これまで説明した「Google Meet」「Googleカレンダー」「Todoリスト」はGmailから簡単にアクセスできるので、そこで使った方が便利です。

在宅ワークならファイルのやり取りやメッセージのやり取りなどもあるから、Gmailは使うでしょうし、ここを立ち上げておけば他のサービスも直ぐに利用できます。

Gmailに来たメールに書かれたスケジュールやタスクを、そのまま「Googleカレンダー」「Todoリスト」へ転記させる事も可能です。

ついでに左下にはハングアウトでお馴染みだったチャット機能もあるので、簡易的にリアルタイムでやり取りするのは、個々を使えば便利です。

Google Duo

Google Duo

Google Duo」はFaceTimeやSkypeと同じ様なサービスと言ったら分かり易いと思います。

Android、またはiOSを搭載したスマートフォン、タブレット、パソコン、スマートディスプレイで高品質のビデオ通話と音声通話が可能です。(音声通話のみも可能)

電話番号で相手を追加可能になっているので、既に電話番号を知っている者同士は簡単に相手を見つけやすい。

720p高精細ビデオ通話、低速のモバイルネットワーク用に最適化しており、WebRTC標準を使用、ネットワークが重たい場合はビデオ品質を自動的に低下させて、スムーズな交信を保つ様になっています。

Googleドキュメント

Googleドキュメント

Googleドキュメント」なら、マイクロソフトのオフィスが無くても、ワード、エクセル、パワーポイントと同様の機能が利用できるので、新規でお金を払いたくないと言う人はこちらを使うと良いでしょう。

全ての面で完全な互換性がある訳ではないので、一部文字化けなどもある事もあるが、それでも十分に利用可能です。

作成したファイルの共有は簡単に可能なので、社内のチームで資料を閲覧し合ったり、資料を同時に編集したり、作業が完了したらPDFに変換しGmailに添付して送信も直ぐにできます。

Googleドライブ

Googleドライブ

Googleドライブ」は無料アカウントでも15GBまで利用可能なオンラインストレージです。(容量はGmailなど他のサービスとの合計です)

オフィス関連のファイルは勿論、動画も含めてパソコンで保存するファイルの多くが保存できます。Gmailで添付ファイルを送る最大容量は25Mbですが、Googleドライブは10GBとなっているので、Gmailで送れないファイルサイズやファイルタイプはドライブにアップして、相手にダウンロードして貰うのが良い。

仕事用で作成したファイルをアップロードし、仕事のチームで共有すれば、チーム内の人達は自由にそのファイルにアクセス可能です。共有者が閲覧のみ可能か、編集可能かも選択可能で、編集可能な場合、最終編集者の情報が閲覧できるようになっています。

ファイル単位で共有する人、しない人を設定可能なので、仕事のタスクによって見せる人、見せてはいけない人を選べます。

オフライン設定を行っておけば、アップロードされたファイルをオフラインの状況でも閲覧可能です。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
20代後半からウェブ関係のお仕事で独立し、現在は15年近く、フリーで仕事をしています。もう雇われには戻れない、縛られず生きる事が大好き人間です。