便利なサイト

優秀な英語翻訳サイトなら「DeepL」がおすすめ!驚く程のレベル

DeepL

言語向けの人工知能システムを開発しているDeepL社が提供しているDeepL翻訳は、これまでの翻訳サービスとはレベルが1つ2つ違う。

Google翻訳と比べてみると、その差は明らか。優秀な英語翻訳サイトなら今はDeepL一択というほどおすすめです。

「世界一高性能なオンライン翻訳」を自称するだけの素晴らしいサービスなので、翻訳が必要な人はぜひ利用しましょう。

DeepL翻訳はこちら

優秀な英語翻訳サイト「DeepL」

DeepLが日本語にも対応

ドイツ企業DeepL社が提供しているDeepL翻訳が凄いレベルだというのは、海外のニュースを見ていて知っていましたが、それがようやく今年の3月19日に日本語対応した事で話題になりました。

無料利用では5,000文字までの文字制限があります。無料のデスクトップアプリを利用すると、アプリ上でテキストを選択し、Ctrl+Cを2回押して直ぐに翻訳可能です。

DeepL日本語版がPRO(有料)対応

6月16日に日本語版もとうとうPRO(有料)対応しました。有料版になると以下のサービスが受けられます。

  • 機密保持
  • 翻訳の際の文字制限なし
  • 用語集の上限なし
  • 翻訳できる文書数上限アップ
  • 翻訳支援ツールで好きなだけ翻訳

これらが主な有料会員向けのサービスとなりますが、ちょっとした英語の記事を翻訳する程度なら無料でも十分に使えます。

仕事でガンガン使いたいなら有料版にしましょう。それだけのお金は出しても損は絶対にないサービスだと思います。

文書翻訳で使えるファイル形式は、Microsoft Word(.docx)とPowerPoint(.pptx)です。

DeepLの翻訳レベルが凄く高い

先ずは手っ取り早く、どの程度凄いのかを見て下さい。本日のニューヨークタイムズに掲載された、ジョン・ボルトン元国家安全保障問題担当大統領補佐官に関する記事の冒頭部分を翻訳してみます。

John R. Bolton, the former national security adviser, plans to publish a damning book next week depicting President Trump as a corrupt, poorly informed, reckless leader who used the power of his office to advance his own personal and political needs even ahead of the nation’s interests.

The book, “The Room Where It Happened,” describes Mr. Bolton’s 17 turbulent months at Mr. Trump’s side through a multitude of crises and foreign policy challenges, but attention has focused mainly on his assertions that the president took a variety of actions that should have been investigated for possible impeachment beyond just the pressure campaign on Ukraine to incriminate Democrats.

英語が分からない人は翻訳サイトなどを使って読む事になりますが、メジャーなGoogle翻訳を使ってみましょう。

Google翻訳

元国家安全保障顧問のジョン・ボルトンは来週、トランプ大統領を、自分の個人的および政治的ニーズよりも先に自分の個人的および政治的ニーズを前進させるために自分のオフィスの力を利用した腐敗した、情報不足の無謀な指導者として描いたのろい本を出版する予定です。 国の利益。

本「それが起こった部屋」は、ボルトン氏がトランプ氏の側にいた17か月間の騒乱と外交政策上の課題について述べていますが、主に大統領が次のようなさまざまな行動をとったという主張に注目が集まっています 民主党を差別するためのウクライナへの圧力キャンペーンだけでなく、弾劾の可能性について調査されるべきだった。

何となく分かる様な、分からない様な…、これまでのニュースを頭の中に入れている人なら文脈から色々と想像しつつ、大体の事は分かるがと言ったレベル。

同じ文章をDeepL翻訳にかけてみると…

DeepL翻訳

ジョン・R・ボルトン元国家安全保障顧問は、来週、トランプ大統領を腐敗した、情報不足の、無謀なリーダーとして描いた有害な本を出版する予定です。

著書「The Room Where It Happened」は、ボルトン氏がトランプ氏の側にいた激動の17ヶ月間を、数々の危機や外交政策上の課題を乗り越えて描いたものだが、注目されてきたのは、ウクライナへの圧力運動による民主党員への罪滅ぼしだけでなく、弾劾の可能性を調査すべき様々な行動をとったとするボルトン氏の主張が中心だった。

すらすら読めるし、意味や内容もバッチリ理解できるし、驚く程のレベルです。

日本語と英語に精通した翻訳の人に頼んで書いて貰ったレベルと言っても良いくらいです。これに少々加筆したり、リライトすれば十分に英語の文章を日本人用に書き換える事が可能です。

仕事で英語の記事を参考にしたい時など、翻訳が上手く行かず「どういう意味だろう」「何を言いたいのだろう」と止まってしまう事が多かったですが、DeepLが日本語対応してから、それが全くなくなりました。

ブラインドテストによるDeepLと他の翻訳サービスの比較

DeepLと他の翻訳サービスの比較

どれもずば抜けてDeepLが翻訳精度に対する満足度が良いと分かる結果となっています。英語から日本語に、日本語から英語に、仕事だけではなく旅行などもこれがあれば安心感は高まります。

日本語と英語以外の他の言語も翻訳レベルは高い

英語だけではなく他の言語も見てみました。私がニュースを読む時に苦戦するのが中国語です。Google翻訳の精度が低いので、かなり予備知識を入れて、文脈から読み取っていかないといけません。

お題は今日の新華社通信の記事を。

新华社北京6月18日电  经中央军委批准,全军战略管理集训近日通过电视会议系统举行。中共中央总书记、国家主席、中央军委主席习近平作出重要指示强调,举办全军战略管理集训很有意义,要精心组织好。要坚持目标导向、问题导向、结果导向,着力更新管理理念、提高战略素养,着力健全完善战略管理制度机制,着力推进我军建设“十三五”规划落实和“十四五”规划编制。军委机关各部门、各大单位要搞好集训成果学习运用,努力提高战略管理水平,不断推动我军建设高质量发展。

中共中央政治局委员、中央军委副主席许其亮、张又侠,中央军委委员魏凤和、李作成、苗华、张升民出席集训活动。军委机关各部门、各大单位有关领导等分别在主会场和分会场参训。

漢字を使う日本人でも殆ど何を書いているか分からないと思います。

Google翻訳

新華社通信、北京、6月18日:中央軍事委員会の承認を得て、最近、ビデオ会議システムを通じて軍全体の戦略訓練トレーニングが開催されました。 中国共産党中央委員会の書記長であり、中国の委員長であり中央軍事委員会の委員長でもある習近平は、軍全体の戦略的管理のための訓練訓練を実施することは非常に有意義であり、慎重に組織されなければならないことを強調する重要な指示を与えた。 私たちは目標志向、問題志向、結果志向に忠実であり、管理概念の更新に焦点を当て、戦略的リテラシーを向上させ、戦略的管理システムとメカニズムの完成に焦点を当て、軍の建設のための「第13次5年計画」の実施と「第14次5年計画」の準備の促進に焦点を当てる必要があります。 軍事委員会のすべての部局と主要部隊は、訓練の結果を学習および適用する上で優れた仕事をし、戦略的管理のレベルの向上に努め、軍事構造の高品質な開発を常に推進する必要があります。

C CPC中央委員会の政治局のメンバー、中央軍事委員会の徐Qiliang、張Youxia副議長、中央軍事委員会のWei Fenghe、Li Zuocheng、Miao Hua、Zhang Shengminのメンバーが訓練活動に参加しました。 軍事委員会のさまざまな部門の主要なリーダーと主要部隊がメイン会場と支部会場でのトレーニングに参加しました。

DeepL翻訳

北京6月18日(新華社)–中央軍事委員会の承認を得た陸軍の戦略管理訓練はこのほど、テレビ会議システムを介して行われた。 中国共産党中央委員会の習近平総書記・国家主席・中央軍事委員会委員長は、全軍の戦略管理訓練を開催することが重要であると強調する重要な指令を出した。 意味は、よく整理されていること。 目標志向、問題志向、結果志向を堅持し、経営理念の更新、戦略的リテラシーの向上、戦略の完成に注力すべきである。 また、第13次五カ年計画の実施や第14次五カ年計画の作成など、我が軍の建設に向けた推進にも力を入れています。 軍事委員会の各部門と部隊は、訓練の成果を有効に活用し、戦略管理のレベルを向上させるように努力し、我が軍の建設を継続的に推進しなければならない。 質の高い開発。

中国共産党中央委員会政治局委員、中央軍事委員会副委員長の徐吉良氏と張勇霞氏、中央軍事委員会委員の魏鳳和氏、李作成氏、苗華氏 張勝民が研修会に参加しました。 軍事委員会の各部局と主要部隊の指導者たちは、メイン会場とサブ会場でそれぞれ訓練に参加しました。

Google翻訳では翻訳できていない部分や、英語に置き換わっていた部分もしっかり翻訳されていて、これも驚くレベルです。

ディープラーニングでどんどんレベルは高まるでしょうし、後数年したら翻訳の仕事はAIに取って代わられるんでしょう。

ABOUT ME
じん(♂)
じん(♂)
20代後半からウェブ関係のお仕事で独立し、現在は15年近く、フリーで仕事をしています。もう雇われには戻れない、縛られず生きる事が大好き人間です。